外壁塗装業者の選定ここがポイント!

家を建てれば「お家のメンテナンス」は必要ですが、数年に1度のことなので後回しにしがちです。 そこに訪問による外壁塗装の営業マンが「お宅の外壁塗装、今なら安くできます!」と調子よく誘われ、依頼した後にトラブル続発!ということが多々あるようです。 トラブルが無いにしても、後から「うちの費用、高かったんじゃないかな?」「手抜き工事じゃないかな?」と後悔と不安になることが多いことをよく耳にします。
私達はおかげ様で「訪問による営業」ではなく「紹介を戴く」ことが8割以上です。

その立場から「お客様側にとってプラスになることは何か?」「どんな外壁塗装業者が良いのか?」ということに関して、 気付いたことが多々あります。

以下に外壁塗装、屋根塗装、屋根葺き替えに失敗しないための「まめ知識」として業者の選定ポイントをまとめました。

安くなります!その言葉、本当に納得できますか?

こういったことを良く耳にします。
よくあるセリフ1「この色の塗装が余っていますので、その塗料を指定していただければ安くすみます!」
よくあるセリフ2「今月中であれば、お宅だけ特別に塗装工事費、安くできます」
よくあるセリフ3「新しい塗料を試せるモニター宅を探しています。モニター価格なので格安です」
上記のような営業をしてきましたら要注意です。
なんとなく納得できそうですが、根拠がありません。

よくあるセリフ1「塗料が余っている?」確かにそういうことはあります。
が、その塗料をお客様に初対面で申し上げるのは押し付けではないでしょうか?
お客様との打ち合わせにおいて、お客様から指定した塗料(塗料の色)が事情により安いとなれば、お客様に喜ばれるように値引きすることはあります。
初対面ではあるものの、お客様に尋ねられたら、話の流れでそうなればありえる話かもしれませんが、押し付けはダメですよね。

よくあるセリフ2「今月中であれば?」
キャンセルが出たのだろう予測ができますが、「今月」ということは、塗装する直前でドタキャンがあったのでしょうか?
キャンセルが出ることはどの業者でも致し方のないことですが、「今月」とか「こちらの都合の良い日でお願いします」という内容では怪しいですよね。

よくあるセリフ3モニター宅?怪しいですね。
その相談を受けたことがあります。塗装業者が言うには、モニター宅として指定の塗料を使ってほしいとのこと。
塗料は「確かで高級品質」ということらしいですが、調べましたら、確かにその塗料はありました。ですが、問題点は2つ。
そのメーカー大丈夫?
塗料(ペンキ)はそう簡単に開発、製造はできません。数字的に品質が良いものだとしても製造年月日までは公表しないでしょう。 期限ギリギリかもしれないですし...
後々のこと、大丈夫でしょうか?
品質良すぎるレベル、本当に見合っていますか?
たとえば、果物のイチゴで例えるとします。イチゴを食べたくてお店に行ったとします。
種類は多々あります。
中には一粒が1000円という超高級なものもあります。 そのイチゴを「あなただけに半額で提供します。絶対美味しいですよ!格安ですよ!」と誘われたとしましょう。
1パックが5000円⇒2500円。誕生日に食べるならばともかく、日頃のおやつでは買わないでしょう。
思わず買ってしまったら、家の方からブーイングが飛んでくるかもしれません。
同じように、その提案されたペンキが高級なものならば、当然ながらモニターとして値引きがあっても、実の見合った費用と大きく違わない場合があります。
一度を塗れば何もしなくても良いという塗料はありません!結局は10年、15年後に塗り替えるのです。
見合った塗料を選ぶことが先決だと思います。

トータル費用を安く済ませるには「外壁と屋根」のセットで考えたいものです

こんなことを聴いたことがあります。
「外壁塗装の業者の方から見積もりをとったとき『屋根はまだ先で良いでしょう。外壁だけを塗装しましょう』と言われました」
「屋根の葺き替えを見積もりをお願いしたら、あまり話に乗ってこなかった。営業の方は喜ぶだろうと思ったのですが...」

多くの外壁塗装業者は「屋根葺き替え」「屋根修繕」は外注に依頼することが多いのです。
外注にお願いするということは、当然ながら利益率は低くなります。
なので、あまり「屋根葺き替え」に乗る気がないのです。

予算の都合など事情はさまざまですが、トータル費用を安くすませるには「外壁塗装と屋根塗装(屋根葺き替え)」を同時にすることをお勧めしますし、その相談にしっかり乗ってくれる業者が良い業者だと言えます。
外壁塗装は自前でできるが、屋根葺き替えは外注という会社が多いようです。
外注が悪いというわけではありません。お客様にとって良い工事となれば問題ないのです。
しかし、費用を少しでも抑えるとなれば「自前」でやってくれる業者のほうが安く済む可能性が高いということです。

実際に近所で外壁塗装をしている会社をしっかり見ましょう

ここもポイントです。
塗装工事は「塗装さえしっかりやれば良い!」では済まされません。
工期中は、何かしら近隣にご迷惑をお掛けします。また、お客様のプライベートをしっかり守るのも当然ながらの義務です。
「仕事をする」の範疇には「周りに気を遣う」ことも含まれます。
その姿勢は、隠されずに出るものです。
外壁塗装をされているお宅があれば、その様子を見てみましょう。
真面目に取り組んでいる姿勢、職人として誇りを持たれている姿勢、ちょっとした気遣いがされている様子、色々と感じることがあると思います。
「あ、この会社にやってもらいたいな!」そう思うところありますよね。
金額うんぬんよりも「会社として魅力があるところにお願いしたい」
今の時代にはとても大切でことではないでしょうか?
そして、こういった会社はお客様の目線で価格設定されていることが多いです。
つまり「安い」「格安」だけを訴えるのではなく「納得できる価格」をしっかり打ち出しています。
格安の時代は過ぎ去りました。納得のいく価格、外壁塗装や屋根塗装の業界にもあてはまることだと思います。 以上ですが、簡単にまとめてみました。 イラストも無く、文章だけなので見ずらいかもしれません。ご容赦ください。(2019年3月5日 現在) ページの改善を図りながら、皆様にお伝えしたく存じます。

手前みそになりますが、ペイントホームナカイは外壁塗装、屋根塗装、屋根葺き替え、屋根修繕すべて「自前の職人」が手掛けます。
稲美町、播磨町、加古川周辺と地元のみ仕事を行います。
地元を愛するからこそ、近隣の方には迷惑とならないよう誠心誠意をもってお付き合いいたしたく思っております。
地域発展に少しでもお役に立てれば幸いです。

株式会社ペイントホーム スタッフM.K

電話をかける